ノートン™ セキュリティオンライン ※デラックス・プレミアム共通

Android版について プログラム機能

ノートン モバイルセキュリティが既知のアプリを「プライバシーリスク」として検出する

ノートン モバイルセキュリティのアプリアドバイザー機能は、デバイスにインストール済みのアプリすべてをスキャンし、個人情報へのアクセス、広告表示、バックグラウンドデータの使用、不審な動作、バックグラウンドでのバッテリー消費について検査します。検査結果に応じて、アプリは[プライバシーリスク]としてフラグ付けされます。ユーザーはアプリについての詳細レポートを読み、そのアプリを信頼するかアンインストールするかを決めることができます。

[プライバシーリスク]として検出されたアプリを信頼する場合は[信頼できるアプリ]リストに追加します。

信頼済みリストにアプリを追加する

  1. ノートン モバイルセキュリティを起動します。
  2. [アプリのセキュリティ]まで画面をスワイプし、[アプリアドバイザー]をタップします。
  3. [プライバシーリスク]で、確認したいアプリをタップし、その潜在的なリスクについてアプリアドバイザーのレポートを読みます。
  4. アプリを信頼し、残したい場合は、[信頼する]をタップします。
    お客様が信頼するアプリがアプリアドバイザーの[信頼できるアプリ]の一覧に追加されます。

一覧に戻る

よくある質問TOP(サービスを選ぶ)

TOPへ