Internet SagiWall for マルチデバイス

iOS版について プログラム機能

iPhoneのSafariからSagiWallを利用する方法

Internet SagiWall for iOSの機能強化を行い、iPhoneの標準ブラウザであるSafariからInternetSagiWallの機能を利用できるようになりました。
これまでブラウザアプリであるInternet SagiWallを利用していただくしか怪しい脅威の潜んでいるWebページを検知できませんでしたが、 以下設定を行っていただくことによりSafariで閲覧しているサイトに怪しい脅威がないかをSafari上でそのまま確認する事ができます。※本機能はiOS8以降でご利用いただけます。

iOS版 SafariブラウザからSagiWallを利用するにはSafari ブラウザを起動します。

  1. メニューを表示します。
  2. アクティビティメニューの右にある”その他”をタップします。
    ­
  3. アクティビティに追加されたSagiWallをオンにします。
    右側の”三”をドラッグ&ドロップする事で表示順を変更する事も可能です。
    ­ ­ ­
  4. サイト解析をしたいページを表示している状態でSagiWallをタップします。
    ※ページの読み込みが全て完了している状態でサイト解析をしてください。
  5. SafariブラウザからSagiWallを始めて利用する際、最初の一回だけSagiWallのアプリを自動で起動します。
  6. 画面表示に従い、使用許諾書に同意してSagiWallを使用します。
    ­
  7. Safari上でサイト分析を実施します。
  8. SafariブラウザからSagiWallを利用すると初回だけ下記ページが表示されますのでページを閉じて利用してください。
    ­ ­
  9. サイト分析の結果、脅威を発見した場合に警告画面を表示します。
    ブラウザの戻るボタンをタップすると脅威を検知したページの前のページが開きます。
    サイトを信頼して閲覧を継続する場合には改めて対象ページにアクセスしてください。

一覧に戻る

よくある質問TOP(サービスを選ぶ)

TOPへ

Android版について

Windows ストア アプリ版について

iOS版について