ノートン™ セキュリティオンライン ※デラックス・プレミアム共通

iOS版について その他

ノートン モバイル セキュリティ iOS 版のデータ使用量が多く表示されることについて

ノートン モバイル セキュリティで Web 保護機能が有効になっている場合、iOS のデータ使用量の統計で、データ使用量が誤って二重に計算されます。データ使用量が、データ発信源のアプリとノートン モバイル セキュリティの両方に属するものと考えられて計算されるためです。これは iOS の既知の問題で、ファイアウォールや VPN アプリなど、ネットワークトラフィックを監視する複数のアプリで確認されています。

Web 保護機能が有効になっている場合、ノートン モバイル セキュリティはデバイスのすべてのインターネット通信を監視しています。
ノートン モバイル セキュリティはインターネットにアクセスするすべてのアプリから発信されたネットワークパケットに介入するため、iOS は各アプリによるデータ使用量をノートン モバイル セキュリティにも同様に割り振ります。このため、データの使用量の統計で、使用していないデータ量がノートン モバイル セキュリティに大きく割り振られます。
ノートン モバイル セキュリティの実際のデータ使用量は、表示よりはるかに小さいです。

さらに、ネットワーク (キャリア/WiFi) 上で伝送されるデータ量に大きな変化はなく、サービスプロバイダから請求されるデータ料金が著しく増加することはありません。サービスプロバイダは、ユーザーセッションを基にデータ使用量を監視し、iOS のデータ使用量の統計に基づいて請求することはありません。

一覧に戻る

よくある質問TOP(サービスを選ぶ)

TOPへ